アプリケーションソフトとは?

アプリケーションソフトとは?

パソコンは「ハードウェアとソフトウェア」で成り立っています。

ハードウェアだけがあってもパソコンとしては機能しないし、ソフトウェアだけではどうにもなりません。

ハードウェアとソフトウェアについてはこちらの記事も見てください。
→ ハードウェアとソフトウェアの違い

ここで使われている「ソフトウェア」という言葉。これには大きく分けると2つあります。

1つはOS(オペレーティングシステム)です。Windows や Mac OS のことですね。
→ OS(オペレーティングシステム)とは?

そしてもう一つが今回の「アプリケーションソフト」です。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

アプリケーションソフトとは?

アプリケーションソフトとは、何か特定の目的ために使う専用的なソフトウェアのことです。

皆さんがパソコンを使うにもいろいろな目的があると思います。

私の周りで一番多いのが、「町内会やPTAなどの資料を作りたい」という目的です。

  • 文字に自信がない。
  • パソコンだと上手にきれいにできるって聞いた。

そんな理由から資料や文書をパソコンで作りたいという気持ちがあるんですね。

また年末に近くなると「年賀状を作りたい」などの目的が出てきます。

  • 何枚も手書きするのは大変。
  • 写真を入れて綺麗に作りたい。
  • 相手によって出す年賀状を分けたい。

これもパソコンを使って年賀状を作りたいという立派な目的ですよね。

これらの「目的」を実行するために使うソフトウェアがアプリケーションソフトということになります。

アプリケーションソフトの呼び方

OS(オペレーティングシステム)が「基本ソフト」と呼ばれるのに対して、アプリケーションソフトは「応用ソフト」と言われます。

とはいえ、基本ソフトとか応用ソフトってほとんど耳にしないですね。

実際にはアプリケーションソフトは、「アプリケーション」とか「アプリ」と呼ばれることがほとんどでしょうか。

最近では、スマートフォンやタブレットの普及によって「アプリ」という言葉はよく聞くようになりましたから。

スマートフォン等で使われる「アプリ」も同じ意味です。

身近なアプリケーションソフトってどんなものがある?

「特定の目的ために使う専用的なソフトウェア」ですから、パソコンを使う目的に応じてそれはもう…多種多様です。

例えば…

  • 文書・資料を作りたい → Word などの「ワープロソフト」
  • 表計算をしたい → Excel などの「表計算ソフト」
  • インターネットを見たい → InternetExplorer、Microsoft Edge、Google Chrome などの「ウェブブラウザ」
  • 電子メールをやり取りしたい → Windows メールなどの「電子メールソフト(メーラーとも言います)」
  • 家計簿をつけたい → 家計簿ソフト
  • 年賀状を作って出したい → 筆まめ、筆ぐるめなどの「年賀状ソフト」

などが身近な例として挙げられるでしょう。

皆さんも「使ったことある!」っていうものもあるかと思います。

これらがアプリケーションソフトです。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする