SIMカードとは?SIMカードの3種類のサイズと選び方

SIMカードとは?

スマホを安くしたい、節約したいという人は「格安SIM」という言葉を聞いたことがあると思います。

とりあえず、安いSIMなのは想像できるし、スマホに関係する言葉だということはわかっても「SIM」というものを具体的にはわからない。

そんな方も多いでしょう。

そんな「SIM」の疑問にわかりやすく簡単に答えていきたいと思います。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

SIMカードとは?

SIMカードとは、「Subscriber Identity Module Card」の略で「シムカード」と読みます。

日本語で言うと

Subscriber =加入者
Identity = 識別
Module = モジュール
Card = カード

で、要は…携帯電話を契約した人を識別するためのICカードということです。

SIMカードは、携帯電話・スマートフォン・タブレットなどのモバイル端末やモバイルWi-Fiルータなどにも入っていて、この「SIMカード」に記録されている「契約者情報」(固有IDや電話番号など)により誰の端末なのか?を識別します。

これによって電話したり、データ通信したり…ができるようになるのです。

SIMカードのサイズは3種類

SIMカードのサイズは大きく分けて3種類あります。

大きい順から「miniSIMカード」「microSIMカード」「nanoSIMカード」の3つです。

SIMカード:3つの大きさの違い

miniSIM(標準SIM)

miniSIM(標準SIM)一番大きな「miniSIMカード」は、サイズが「25mm×15mm」です。

ドコモのFOMAなどで使われていたり、Android端末でもフィーチャーフォンでもたくさん使われていたことから「標準SIM」とも言います。

でも、最近では見かけることが少なくなりました。

microSIM(マイクロSIM)

MicroSIMとはminiSIMよりも一回り小さくなったのがmicroSIMで、サイズは「15mm×12mm」です。

私の現在使っているスマートフォンは2015年の後半に購入したのですが、このSIMを使っています。

2015年頃はこのmicroSIMが主流だったように思いますが、2016年の最新機種では徐々にnanoSIMが増えつつありますね。

nanoSIM(ナノSIM)

nanoSIMとはサイズは「12.3mm×8.8mm」で、一番小さなSIMカードです。

「標準SIM」も「microSIM」も厚みは 0.76mm で変わりませんが、nanoSIM は、0.09mm 薄くなって 0.67mm です。

小さく・薄くなっても互換性はあって、変換アダプタがあれば他のサイズのSIMスロットにも入れることができます。現在(2016.6)では、最新の端末でよく見かけるようになったSIMのサイズと言えるでしょう。

どのサイズのSIMカードを選べばいい?

これからMVNOなどでSIMを選ぶ場合、どのサイズのSIMがいいのでしょう。

基本的には使う端末のSIMカードスロットに合わせる

使おうと考えている端末の「SIMカードスロットのサイズ」を選ぶことになると思います。

SIMサイズとスロットサイズが違う場合…

大きなSIMを小さなSIMスロットに入れるためにカットする方もいるようです。が、私は手先が不器用なのでちょっと怖いですね(笑)

小さなSIMを大きなSIMスロットに入れる場合には下記の「変換アダプタを使う」という方法もあります。

でも、どちらにしても

使おうと考えている端末の「SIMスロットのサイズ」を選ぶ

これが一番確かですし、安心です。

nanoSIMと変換アダプタという方法も

SIMカードは、SIMカードスロットがピッタリなのが確実です。

でも、しばらくして「次の機種に変更した時」には使えなくなるかもしれません。

例えば…

今の機種:microSIMカード

次の機種:nanoSIMカード

なら、nanoSIMのスロットにmicroSIMは大きすぎて入りませんからね。

最近の新しい機種・端末のSIMには「nanoSIM」を採用することが増えてきました。

だからこそココが考えるポイントでもあるのです。

はじめからnanoSIMを購入して…

今の機種:nanoSIMカード+変換アダプタ(=microSIMカード)

次の機種:nanoSIMカード

というように、microSIMの端末では「nanoSIMカードを変換アダプタに入れてmicroSIMとして使う」という方法もあります。

ただ、変換アダプタには「SIMスロットに刺さらない」「SIMがアダプタに入らない」「認識されない」などの不具合事例もあるようなので、利用するならよく検討してからしましょう。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする